あんべみれとは・・・

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品コード:
mid-0015

H29年産伊藤大介さんのつや姫

販売価格(税込):
3,300~5,800
関連カテゴリ:
お米一覧
JA庄内みどり > お米
JA庄内みどり > お米 > 伊藤大介

 

 鳥海山の麓、遊佐町の清らかな水で栽培された伊藤大介さんの「つや姫」です。

山形県が誇るおいしいお米をどうぞご賞味ください。

 

【選択してください】

◇つや姫 5kg  :3,300円

◇つや姫 10kg :5,800円

  • 重さ:
数量:

生産者の紹介

「遊佐町でお米を作っている、伊藤大介です。お米の可能性を最大限に引き出してみなさんにその魅力を伝えていきたいと思いますのでよろしくお願いします。」

― さっそくですが、家族構成は?
 

両親と私と妻、猫のナナ(14歳)とブク(13歳)の6人家族です。
 

ナナは漫画からとったんじゃないですよ、うちの方が早かったですから(笑)
 

― 古代米はいつから作っているんですか?
 

う~ん、黒米とか赤米は2001年からたびたび作っでましたね。
 

あと香米っていうのがあってですね、普通の米に少し混ぜるとブレンド米のようになるんですよ。3つ混ぜて販売しているんですが、白米に混ぜて使用すると色もよく、こうばしい香りがして食欲をそそりますね。
 

― なんで古代米を作ろうと思っだんですが?
 

おもしろそうだったから(笑)かな。
 

古代米だけでなぐって「ササニシキ」「ひとめぼれ」も作っていますね。
 

他には、「でわのもち」は自家用として、あとは「彦太郎糯」(ひこたろうもち)です。知ってますか?
 

彦太郎糯は、普通の稲より背丈が高いんですよ、普通の稲は、90cmくらいなんですけど、彦太郎糯は、1m40cm~1m60cmくらいで、すごい長いんですよ、だから倒伏しやすくて心配なんですが、できてみないとわからないけど、収穫が楽しみです。
 

― こだわりは何ですか?
 

無いのがこだわり(笑)ですね。
 

しいて言えば、おもしろそうなことはどんどんやってみる。
 

「売れる米づくり」、今までなかなか使われてこなかったお米も違った視点からみて、こういう用途にも使えるからこういう米も売れるというものを出していきたいな。
 

― 古代米を作っていての発見を教えでもらえますか?
 

黒いな~(笑)っていうのが発見ですかね。
 

もうすぐ稲が黒くなるんでどこに黒米があるか一目瞭然なんですよ。
 

6月黒いな~っていうのを実感できますからそのときにまた来てくださいよ。
 

― せば、最後に最後に皆さんへのメッセージををお願いします。
 

米の食べ方って1通りじゃないと思うんですよ。
 

納豆にネギかけて食べんなも非常にうまいんですが、白米は”和”の調理法しかないわけじゃないんですよ。
 

諸外国だって米を作っていでその国独自の調理法なんかもあるわけで、例えばスペインであればパエリア、イタリアではリゾットもあるし、東南アジアでは、ピラフやチャーハンがある。
 

その国々では日本のような短粒種を作っているのではなく、長粒種や大粒種といったお米を作っているのも事実なわけで。いろんな国のいろんな食べ方を、可能性を遊佐町から発信していきたいですね。

ブクちゃんです♪

ブクちゃん(6歳)です、手を出したらそっぽ向かれちゃいました・・・ (つд・)ウエーン

H29年産伊藤大介さんのつや姫

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

伊藤大介さんの古代米1kg

販売価格(税込): 1,643 円

自然情緒豊かな遊佐町で育った旨味をどうぞご賞味ください。